fbpx

がんばれ、担い手!

  • JAバンクアプリ

  • 自己改革の取り組み

    自己改革の取り組み
  • 【大バナー】 夢郷

    夢郷 ウィジェット
  • あぐりん

    JA新いわての農畜産物情報誌「あぐりん」
  • 【小バナー】キッチン

    【小バナー】キッチン
  • 【小バナー】八幡平牛

    【小バナー】八幡平牛
  • Facebookページプラグイン

  • 【中バナー】キャベツ物語

    【中バナー】キャベツ物語
  • 【小バナー】ネットショップ

    【小バナー】ネットショップ
  • 【大バナー】プレゼントクイズ

    【大バナー】プレゼントクイズ
  • 【中バナー】みんなのよい食プロジェクト

    【中バナー】みんなのよい食プロジェクト
  • 振り込め詐欺救済法に基づく被害回復分配金「決定表」閲覧のご案内

  • ペイジー口座振替受付サービス

  • 信用事業にかかる定型約款の掲載はこちら

酪農家への夢を現実に

乳牛の世話をする山屋さん

酪農との出会い

短角牛や畑わさびの生産が盛んな岩泉町。そこで酪農を営む祐太さんは、同町の酪農家から令和2年10月に経営を移譲し、搾乳牛36頭と育成牛20頭を飼養している。

山屋祐太さん

盛岡市のサラリーマン家庭の長男として生まれ育った祐太さん。酪農との出会いは、母の実家に夏と冬に帰省した時で、酪農を経営する祖父母の家で一緒に牛の世話をした時だった。祐太さんは、搾乳の時、ミルカーをつけて搾った生乳が流れていくのが面白く、小学2年生の頃からは、週末にバスで祖父母の家に行き牛の世話をするようになった。

高校進学は酪農の道へ進もうと、盛岡農業高等学校への進学を考えていた。「酪農の仕事を見て育った母は、その大変さも分かっていたので反対されました」と話す。しかし、自分の夢を叶えるため両親の反対を押し切り、盛岡農業高校への進学を決意した。

基礎を作り上げた学生時代

盛岡農業高校へ進んだ祐太さんは「やりたいことがいっぱいあって、仲間とも話しが合うので楽しかった」と、当時を話す。初めて農業を志す仲間と出会い、厳しい中にもやりがいを感じていた。学校では牛の世話をする当番があるが、その日以外も祐太さんは朝早起きして牛の世話をしていた。そして、毎日牛の世話をするためだけに高校の3年間は寮生活を続けた。

重機に乗る山屋さん

卒業後は、特別専攻科に進み勉強しながら、葛巻町の酪農家で働き始めた。学校では学べない、農業、酪農を目の当たりにした。実家が農家として生まれ育っていない祐太さんが、本当に酪農をやっていくための知識や経験が叩き込まれた。

「農家でなかった自分が、本当に酪農でやっていくための2年間だったと思う。厳しくなかったと言えば嘘になるが、最後に、よく頑張った!と言われた時は嬉しかった」と、当時を振り返る。

子牛を撫でる山屋さん

特別専攻科の卒業と同時に、祖父のいる岩泉町へ行き、祖父の手伝いをしながら、酪農ヘルパーと牛群検定員として働いた。「酪農ヘルパーの仕事は、生産者ごとにやり方が違うのと、レベルの高い酪農家が多かったので勉強になった。小さい頃から祖父の所へ通っていた岩泉町は第2のふるさとですね」と笑顔で話す。

そして、令和元年の秋ごろ、酪農ヘルパーとしてで行っていた酪農家が酪農をやめる話しがあった。酪農家になることが夢であった祐太さんは牧場主と話をして、その牧場の経営を受け継ぐことを決意した。昨年の4月から半年間の研修を経て経営を移譲された。令和2年10月1日、夢であった酪農家としてのスタートを切った。

作業員から経営者へ

子どもの頃から酪農の仕事に憧れ、農業高校、葛巻町の研修先、酪農ヘルパーの仕事を通して、酪農の仕事については知識と経験を積んできた祐太さんだが

ヤギの面倒を見る山屋さん

「牛の世話は今まで経験してきたが、事務的な仕事などは初めてでやる事が多い。経営者の立場になって、牛が倒れたらどうしようなど、今までなかった緊張感を感じている。大変さもあるが、反面楽しさも実感している」と目を輝かせる。

負けず嫌いな性格の祐太さんは「改良にも興味があり、共進会や乳質改善など、何かで1番になるのが今の目標」と話す。信念を貫き、夢を叶えた祐太さんの酪農家としての生活が始まった。

プロフィール

山屋祐太さん

山屋 祐太(やまや ゆうた)さん

夏はバギー、冬はスノーモービルと、モータースポーツが好きな祐太さん。

※広報誌「夢郷」2021年1月号掲載時の情報です。掲載情報が変更となっている場合がございます。

バックナンバー一覧に戻る

  • ボトムロゴ
  • 新岩手農業協同組合 TEL:019(699)3311
    〒020-0667 岩手県滝沢市鵜飼向新田7-76
透過画像
Copyright © 2021 JA-SHINIWATE. All Rights Reserved.