夢ネット(各地の話題)

東部エリア2022年04月26日 (火)

飼料用米多収コンテストで盛岡市の坂本さんが農林水産大臣賞を受賞

 東北農政局岩手県拠点は4月26日、盛岡市玉山総合事務所で令和3年度「飼料用米多収日本一」授賞式を開き、「地域の平均単収からの増収の部」で農林水産大臣賞に輝いた坂本静江さんを表彰しました。

 坂本さんは和牛繁殖を農業の主力としながら飼料用米を作付けしています。多収性で耐倒伏性のある「つぶゆたか」を91アール作付けし、令和3年は地域平均より337kg(10アール当たり収量)の増収となり、単収は900kgを超えました。

 自家産の牛ふん堆肥と地元養鶏業者との耕畜連携による鶏ふん堆肥の活用により低コスト化を図りながら、地域密着型の飼料用米生産に取り組んでいます。

 坂本さんは「限られた面積の中で丁寧に管理し単収向上を目指してきました。受賞は地元農家をはじめ皆さまのおかげ」と話しました。

 同コンテストでは、飼料用米生産農家の技術水準の向上を図るため、生産技術の面から先進的で模範となる飼料用米生産者を表彰し広く紹介。全国から12人が受賞し、岩手県からは坂本さんが入賞しました。

 東北農政局岩手県拠点地方参事官の山口和彦さんは「受賞は日頃の努力のたまもの。地域や岩手県全体の栽培技術向上につながってほしい」と話しました。

夢ネット新いわてに戻る
もっと見る
Facebook
Instagram
YouTube