米穀

  • 自己改革の取り組み

    自己改革の取り組み
  • 【大バナー】 夢郷

    夢郷 ウィジェット
  • あぐりん

    JA新いわての農畜産物情報誌「あぐりん」
  • 【小バナー】キッチン

    【小バナー】キッチン
  • 【小バナー】八幡平牛

    【小バナー】八幡平牛
  • Facebookページプラグイン

  • 【中バナー】キャベツ物語

    【中バナー】キャベツ物語
  • 【小バナー】ネットショップ

    【小バナー】ネットショップ
  • 【大バナー】プレゼントクイズ

    【大バナー】プレゼントクイズ
  • 【中バナー】みんなのよい食プロジェクト

    【中バナー】みんなのよい食プロジェクト

お米

お米

商品スペック

主な産地 雫石町・八幡平市・盛岡市(旧玉山区)
収穫量 平成25年都道府県別米収穫量ランキング11位
300,300t(岩手県の割合12.9%)

主な品種

あきたこまち

昭和59年に秋田県農業試験場で誕生。現在、岩手県では「ひとめぼれ」に次いで第2位の生産量を誇るお米です。もちもちした粘りのある食感で、おにぎりなどにすると冷めてもおいしいと評価されています。

いわてっこ

平成13年に岩手県オリジナル水稲品種として岩手県農業研究センターで誕生。耐冷性・耐病性に優れていて適度な粘りがあります。「あきたこまち」のような良食味で、冷めてもおいしくお召し上がりいただけます。

ひとめぼれ

平成3年に宮城県古川農業試験場で誕生。粘りと甘みがある品種で岩手県では県央部以南を中心に生産されており、本県の代表銘柄です。現在県内で生産量が最も多いお米です。

かけはし

岩手県オリジナル水稲品種の第1号として、平成5年に岩手県立農業試験場で誕生。「かけはし」の名前は平成5年の大冷害時、種籾確保のため始まった沖縄県との交流から名付けられたものです。耐冷性に優れた品種で、県北部や沿岸地域で生産されています。米粒が大きく粘りが少ないあっさりしたお米です。

どんぴしゃり

平成17年に岩手県オリジナル水稲品種として岩手県農業研究センターで誕生。耐冷性、耐倒伏性、耐病性に優れることから、安全で安心できるお米を安定的にお届けできる品種です。

豆知識

稲穂

ご飯をおいしく炊くポイントは「高品質・良食味米の選択」「炊飯前の研ぎ方や水加減」「炊飯後のほぐし」の3つです。

「炊飯前の研ぎ方や水加減」は、お米にたっぷりと水を入れ、米粒を手のひらで押さえるように優しく洗い、この作業を3〜4回ぐらい繰り返します。

続いて、夏場は30分〜1時間、冬場は1〜2時間水に浸します。水加減は炊飯ジャーの内側の目盛りを基準(通常はコシヒカリに合わせられています)にします。好みの軟らかさに合わせて水の量を調整すると、よりおいしく食べられます。

「炊飯後のほぐし」は、釜のご飯の上下を返し、米粒の間を広げるようにほぐしてください。このとき練るようにしゃもじを返してしまうと、ご飯粒を潰してしまうので注意しましょう。

旬の時期

収穫エリア

関連サイト

  • ボトムロゴ
  • 新岩手農業協同組合 TEL:019(699)3311
    〒020-0667 岩手県滝沢市鵜飼向新田7-76
透過画像
Copyright © 2019 JA-SHINIWATE. All Rights Reserved.