営農情報

  • JAバンク新規ご利用特典

    JAバンク新規ご利用特典
  • 自己改革の取り組み

    自己改革の取り組み
  • 【大バナー】 夢郷

    夢郷 ウィジェット
  • あぐりん

    JA新いわての農畜産物情報誌「あぐりん」
  • 【中バナー】JA直売所へ行こう!

    JAカードをJA直売所で利用すると5%OFF!
  • 【小バナー】キッチン

    【小バナー】キッチン
  • 【小バナー】八幡平牛

    【小バナー】八幡平牛
  • Facebookページプラグイン

  • 【中バナー】キャベツ物語

    【中バナー】キャベツ物語
  • 【小バナー】ネットショップ

    【小バナー】ネットショップ
  • 【大バナー】プレゼントクイズ

    【大バナー】プレゼントクイズ
  • 【中バナー】みんなのよい食プロジェクト

    【中バナー】みんなのよい食プロジェクト

お米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お米

冷涼で爽やかな気候条件のもとでは、稲作にとっては病害虫の発生が少なく農薬の使用は少なくてすみます。 JA新いわては、このような気候風土を最大限活かし、低農薬栽培並びに低コスト安定生産を進め、消費者ニーズに応える特色ある産地づくりをすすめています。

重点推進事項

(1)安全・安心・良食味な米づくり推進

  • 温湯種子消毒の実施。
  • 栽培指針に基づく栽培と栽培履歴記帳の完全実施。
  • 生産工程管理(県版GAP)の取得に向けた推進。
  • 食味分析データを活用した生産指導。

(2)需要に基づく生産

  • 適地適作を考慮し、需要に基づいた品種の作付誘導。

(3)低コスト安定生産の確立

  • 関係指導機関との連携による綿密な指導の強化。
  • 低コスト資材使用による安定生産の検証。
  • コスト削減実証栽培を踏まえた水平展開。

(4)集荷販売対策

  • 県北広域集出荷施設「愛称:結」を活用した品質管理と事故防止。
  • フレコン集荷の拡大による担い手層の労力軽減を図る。
  • 重点卸並びに実需者と連携した効率的な販売PRの実現。
  • 産直施設を活用した地場産米の販売及びPR活動の強化。

主な品種の特性

あきたこまち
秋田県農試で昭和59年に育種された品種であり、耐冷性にやや強く、粒形は小~中。 コシヒカリの血を受け継ぎ良食味米の品種である。
いわてっこ
「ひとめぼれ」に「こころまち」を交配して育成された固定品種で、平成16年に登録。 障害型耐冷性、穂いもち圃場抵抗性が強い。 比較的粘りがあり、冷めてもおいしいのが特徴である。
銀河のしずく
平成18年に耐冷性や耐病性に強い「奥羽400号」とコシヒカリと同等の食味を持つ「北羽208号」を交配し育種され、 平成28年度より本格栽培がスタートした岩手県オリジナル水稲品種で炊きあがりの白さ、粘りと硬さのバランスの良さ、 食感を楽しみながら、かむほどに広がる甘さが特長です。

集荷販売計画

品種 30年度計画
あきたこまち 16,112
いわてっこ 2,900
銀河のしずく 2,200
かけはし 1,328
その他 910
合計 23,450
(単位:トン)
  • ボトムロゴ
  • 新岩手農業協同組合 TEL:019(699)3311
    〒020-0667 岩手県滝沢市鵜飼向新田7-76
透過画像
Copyright © 2019 JA-SHINIWATE. All Rights Reserved.